Chanter fab*~シャンテ ファブ* chanterfab.exblog.jp

~心こもった風があたりに吹いておたがいに届きますように~  ココロはずむお洋服縫ってます♪♪


by ちくりん
プロフィールを見る
画像一覧

Hoorayさん《バルーンワンピース》綿ワッシャーチェック(ブラック)


ひきつづき Hちゃんのオーダー《バルーンワンピース》

d0148980_10175436.jpg





こちらは 綿のふんわり素材
同じワッシャー加工でも 先日のは麻がはいっていたのでシャリっと感
こちらは 柔らかいフンワリ感~なので肌あたりがそれぞれ違います
季節によって 着分けていただけますね

d0148980_10181441.jpg





ポケットは黒リネンで少しアクセントを出しました

d0148980_10183735.jpg





さて リンゴもそろそろ終盤
最近のおやつの定番《リンゴのタタンケーキ》
少しのバターと ザラメでこんがり★

d0148980_10185332.jpg





小麦粉を少なくしているので スポンジ部分は薄くて
リンゴを味わう感じに仕上がってます

d0148980_10191420.jpg




【失敗がもとで出来上がった~タルト・タタンにまつわるお話】

言い伝えによると、タルト・タタンが最初に作られたのは、19世紀後半のラモット=ボーヴロン(現在のロワール=エ=シェール県にある町)にあるホテル『タタン』においてであった。ホテルを経営していたのは、ステファニーとカロリーヌのタタン姉妹であった。有力な説によると、タルト・タタンを作ったのは、調理のほとんどを担当していたステファニーで、彼女はある日余分な仕事をした。彼女は、伝統的なアップルパイを作り始めたが、リンゴをバターと砂糖で炒めていたところ、長く炒めすぎてしまった。焦げるような匂いがしてきたので、ステファニーは失敗を何とか取り返そうと、リンゴの入ったフライパンの上にタルト生地をのせ、そのままフライパンごとオーブンへ入れた。焼けた頃にフライパンを出してひっくり返してみると、ホテルの客に出しても良いようなデザートができあがっていた。他に、「タルト・タタン協会」によると異説があり、ステファニーが砂糖で焦がしたリンゴタルトを間違ってひっくり返してしまったという。どちらにしろ、ステファニーはオーブンから温かいままかつてない一品を客に出し、新たな伝統菓子が誕生したのである。



≪ランキングの応援いつもありがとうございます❤ ≫


≪バルーンワンピース続いてるね~と 思われた方は ≫

キーボード左下の[ctrl]キーを押しながら 
(↓)絵をクリックすると
ランキングのページにかわらずに 1票が入ります
ポチッとお願いいたします(^-^*)/
                      
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



d0148980_17263551.jpg






[PR]
by chanter-fab | 2015-04-13 10:12 |   ◆wear・zakka